ハコニワドライブ

プラモ作りと我が子ラブなヲ父さん日記。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

4163

Author:4163
  得意技:完成間際の放置プレー
  もう やりかけだらけ。

FC2カウンター
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: コヨロコビ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コヤツラの時代
ウチの会社は、この何年かで外国人社員が増えた。
工場が多い地域なんで、町全体の外国人比率も見るからに上がってるんだけど、僕の職場は特に多いんじゃないかな。

育ってきた背景が全く異なる彼らとの付き合いの中では、考え方にも習慣にも大きな違いがあって、良くも悪くも「異文化体験」の毎日。


良くも悪くもと書いたけど、インパクトの強いのは大体「悪くも」の方で、仕事に関わる話なので詳しくは書けないけど、正直「何でわかんないの!」と叫びたくなる事もあったりする。
当然故郷をはなれて日本に来てる彼らの方が、その実感は強いと思うけど。

で、そのストレス(正直ストレス)を抱えて家に帰ると、そんな日に限って眠気MAXで正気を失ったボウズが理不尽な事を言い出したりするもんだから「何でわかんないの!」と叫んじゃったりして、その後で寝顔をみては情けない男親だと反省する。


今日もそんな寝顔をみていたら、ふと、昨年秋に行った幼稚園の運動会を思い出した。
そういえば、ボウズの幼稚園には1割くらいかな?外人さんの子供がいた。
俺が園児の頃は友達と言えば「やすし」に「ゆたか」に「ともこちゃん」だった訳だけど、ボウズにとっては「ひろき」に「ゆうか」に「アンドレイ」が、それぞれ単なるお友達なわけで、異文化もへったくれも無いわけだ。

うまいことやるとかの以前に、もう当たり前に遊んでるコヤツラの屈託のない顔を思い出すと、得体の知れないストレスを抱えて帰る自分が既に「遺物」だということが身につまされます。


と、久々に一人でビールを一杯飲んだで思いついたことをベラベラしゃべったら、カミさんはもう聞いてもくれないからココに書いたってスンポー。
いや、特に何が言いたいわけじゃないんです。
ホント、何が言いたかったんだろ。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。