ハコニワドライブ

プラモ作りと我が子ラブなヲ父さん日記。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

4163

Author:4163
  得意技:完成間際の放置プレー
  もう やりかけだらけ。

FC2カウンター
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ドライセン【完成】  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

『老兵は死なず、ただ戦うのみ』
Old soldiers never die, they just "fight again!"
とある元帥の超有名な台詞(~they just fade away)をもじった作品名。

このタイトルには、自らも旧式にさしかかったアラフォーな僕自身、
まだまだ戦ってみせるぜ!ってな心意気も投影されてまして、我ながら相当
気に入ってます。

今後、このタイトルで何作か作ってみたいなーなんて、モデサミ終わって
からも気分高揚中。

ピンぼけ写真も混じってますが、みてやってください。
今回写真多めです。現物よりやや黄色よりに写ってます。
この色の方が好きかもw

制作まとめは一番下に。
AMX-009F13.jpg

AMX-009F17.jpg
肩には僕のHNをあしらってます。4163でシンイチローサンと読みます。
今まで言ってなくてごめんなさい。
AMX-009F10.jpg

AMX-009F05.jpg

AMX-009F01.jpg
こちらの肩のマークはRGシャアザク用のデカール。
この写真、バズーカ表面に埃ついとるがね。んもう。
AMX-009F02.jpg

AMX-009F03.jpg
ちょっと見づらいですが拳も自然な表情になるよう弄ってます。
AMX-009F04.jpg
膝のマルが脛に埋まるのは僕のドライセンだけっ!
AMX-009F07.jpg
バーニア類はオレンジイエローに統一しました。
AMX-009F14.jpg

AMX-009F16.jpg
袖の幅も狭くしてます。
AMX-009F12.jpg

AMX-009F08.jpg
足裏も一応塗り分けた。はみ出てるのは今気づいた。
寝ながら塗ってたんだよきっと。
AMX-009F06.jpg
モデサミではこの台座で飾ってました。


●制作について…

超地味な改修ながら全身ちょっとずつ、かなりの手数を入れてます。
お陰でキット素組の印象とは全然違うものになりました。

頭:赤い十字を縦横ともに一回り小さくしてます。モノアイはOボルトの中に
  1.5mmのHアイズ貼ってます。一般的なモノアイよりかなり小さめな表現
  ですが、モノアイは小さい方が無機質・無感情なマシンが演出できて好き。

胴:胸は天面を切り取って角度を変えて再接着。襟の角度もそれに合わせて修正。
  胸の左右にも1mmずつプラ板貼ってちょっとマッチョに。
  前面の白いスラスター?は上下幅を1mm位つぶして、その分紫の部分を1mm
  増やして田舎臭さを軽減。

肩:前後のブロックに1mmずつプラ板貼ってイメチェン。

腕:上腕はスジ掘ったのみ。多分今回何もしなかったのはこのパーツのみ。
  下腕はくびれを強調する様に若干削り込み。
  あと、袖(特に内側)の幅が広すぎてダサかったので、少し詰めてます。
  袖の上ラインを削り取って、少し下の位置にプラで復活させました。

手:パッと見わかんないけど、ドライセンのキットでここだけは本当に許せない点。
  武器手と握り手で、掌のモールドが異なってます。また握りこぶしの親指が
  人差し指や中指に一部融合するかの様にめり込んでいて「石の中にいる」的な
  あり得ない仕様。
  僕はこれが気持ち悪くてしょうがなかったので、エポパテ盛りと削り込みで自然な
  人の手のラインに近づけました。
  手を作ったのは高校の美術で石膏掘って以来ですが、自分では満足の形。

腰:ロングスカートを刻んで詰めてミニスカートに。リアスカートも一旦切り取って
  角度を変えて再接着。
  ほらほら大切な所が見えちまうぞおーおーケツ穴がポッカリ空いてるじゃねーか
  とか言いながら再接着ケケケ誰か僕を止めて。

脚:太ももは確か0.5mm幅増し。膝の丸モールドが太もも側にめり込むように、
  脛フレームを上手にぶった切って5mm近く上側に再接着。
  写真がないとよー説明せんのでドライセンタグの最初の方を見て下さい。
  脛はこれで数mm上にあがってますがフレーム自体の長さは一緒なので脚の長さは
  変化無し。あ、スカートとの接続面で1mmプラ板挟んで上げてます
  脛前面は妙に四角くて魅力に欠けたので、プラ版貼付けて丸っこくしました。

足:甲の部分のみ、真ん中でぶった切って2mmくらい幅詰め。

他:チマチマと申し訳程度にディティール追加しました。センスが無いのでコレでも
  精一杯。意味なんかなくって間を持たせたいだけなのでツッコミご無用。
  パイプ類は東急ハンズで売ってる針金に置き換え。
  つやありの「自由自在」とつや消しの「頑固自在」が存在しますが、どちらも絶妙な
  カラーが揃ってるのでガンプラには重宝。今回は首と腰に自由自在を使用。

色:配色は見ての通りでUCの新設定を踏まえつつ若干変更。
  薄い紫はハマーンのアクシズが使いそうな色を作ったつもりが、吹いてる途中に
  グラデのつもりで白を混ぜたら明るくなりすぎちゃった。
  本体は旧さ強調で基本つや消し。
  袖部分だけ、とって付けた感じのつもりでつやあり塗装。

長々と書いたけど、最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。